2007年11月29日

薬による脱毛とヘアウイッグ選び

薬の副作用として脱毛
があることはよく知られています。
抗がん剤の治療が始まって脱毛が始まるまでには1週間〜3週間位の間に少しずつ抜け始め、
だんだんぬけるスピードが加わり、洗髪、はもちろんの事、ブラシやクシでとかしただけで、
手を触れただけでぱらぱら落ちこぼれる様になります。

もちろん個人差があり
あまり目立たない人もいて必ずしも全ての人にヘアウイッグが必要となるわけではありません。
脱毛が進行すると、頭皮が見えてきて無毛に近いところまで脱毛してしまいます。
「不安で心配でこの先どうなるのだろう・・・。自分で鏡を見たくない。人に見られたくない。」という思いから、帽子やバンダナを付けて過ごす様になります。

大丈夫です!
投薬による脱毛は原因である薬を止めれば必ず生えてきます。
症状の激しい人でも全部脱毛して、頭皮が見えて肌色になってしまう人はほとんどいません。

抗がん剤の治療の間と
その後の数ヶ月だけの問題です。
その間、気持ちが暗くならないよう、あなたの笑顔を守るために、多数のヘアケアに関わる企業が
医療用ヘアウイッグと頭髪のケアーを提供しています。

癌研「帽子クラブ」
   タオル帽子のさまざまな作り方、「元気がでるメイク」などの情報も教えてくれています。

レディス・スヴェンソン
   抗がん剤治療を始められる女性のためのサイト。
   病気と闘うためとはいえ、髪の毛が抜け落ちることは(覚悟をしていても)想像以上の精神的苦痛を
   伴います。そんなあなたが、ヘアウィッグ(かつら)という製品を通じ、少しでも不安なく、
   また勇気を持って病気と闘えるよう医療専門アドバイザーがサポートします。

髪の毛帽子ウィズウィッグ
   このホームページではガンの治療などの副作用で一時的に髪の毛を失ってしまった女性のために
   髪の毛つきの帽子と帽子に取り付けるための着脱式ウィッグを制作、販売しています。

ホイップクリーム バンダナ帽子のお店
   抗がん剤治療中の患者さん向けにつくられた、ヘアバンドとバンダナを組み合わせた帽子の通販です。


アートネイチャー
ハイネット「メディカルウィッグ」
ヘキサプロセス
ウィズスマイル(おっ!しゃれっ毛)


ほんの1部のサイトです。あなたの好みと予算に応じてお選びください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。